スーツ

派遣切りで失業保険を受け取るには

メガホンを持っている女性

一昔前、派遣切りが毎日メディアに取り上げられ社会問題となりました。派遣社員は正社員と同じ「社員」というくくりの中に存在しているにもかかわらず、いくつもの点において正社員と異なります。企業の営業が苦しくなった時、まず真っ先に切られるため、職の安定性として見た時、正社員と比較すると不安定だと言わざるを得ません。
そんな派遣社員がもし万が一、派遣切りにあってしまった時の強い味方が失業保険です。現在では派遣社員でも一定の条件を満たしていればきちんと失業保険を受け取ることができます。以下ではその条件について説明していきます。
失業保険を受け取るには当然ですがまず雇用保険に加入していなければなりません。そしてかつ保険に加入してから6か月以上が経過している必要があります。基本的にはこれだけなのですがいくつか受給するための注意点があります。まず一つ目の注意点ですが、6ヶ月以上の加入で失業保険がもらえるのは一か月あたりの労働日数が14日以上の一般被保険者のにあたるときです。ひと月の労働日数が14日に満たない場合は、最低でも保険の給付対象となるまでに1年以上かかるため注意が必要です。もう一つは派遣会社が派遣切りにあった後、別の派遣先を紹介しようとしているときです。この時は失業保険を申請しようとしても、自己の都合とみなされ受理されません。以上の注意点に気を付けてもしもの場合に備えましょう。

CONTENTS

TOP